SEASイベント情報


技術セミナー「楽器を知ろう・ハープ編」

恒例の楽器を知ろうシリーズ!今回はハープを取り上げます。
楽器の歴史や仕組みなど、演奏を交えながら解り易く解説します。
楽器の知識を深めながら、マイキングや測定など音響的なアプローチから楽器を分析し、演奏家と音響家それぞれの立場から「音」について考えていきます。
第一線で活躍する演奏家との交流ができる貴重なセミナーです。
ここだけの演奏秘話が聞けるかも? 是非、ご参加ください!

日 時 :2018年3月9日(金)13時00~17時00(12:30開場)
講 師 :早川りさこ(国立音楽大学講師・NHK交響楽団ハープ奏者)、下田正久(松尾楽器商会)
共演者 :下払桐子(フルート)国立音楽大学大学院修士課程修了/第85回日本音楽コンクールフルート部門1位、冨永弥悠(ハープ)国立音楽大学卒業/第15回大阪国際音楽コンクール1位、田中 渚 (ハープ)国立音楽大学2年在学/第29回日本ハープコンクール3位
会 場 :国立音楽大学 新1号館オーケストラスタジオ
参加料 :無料(どなたでもご参加いただけます)
主 催 :一般社団法人日本音響家協会東日本支部

協賛:株式会社アートウィズ

協力:国立音楽大学

申込先 :east@seas.or.jp またはFAX.029-874-6049
    「楽器を知ろう参加希望」と明記の上、氏名・所属・連絡先をご記入下さい。
その際、今回のセミナーで聞きたいことや取り上げてほしい内容などありましたら併せてご記入下さい。

チラシ➡PDF


イベント・エンタテイメントEXPO 音響技術セミナー

開催日:2018年2月23日(金) 

主 催:リード エグジビション ジャパン株式会社

共 催:一般社団法人日本音響家協会

音響機器提供:株式会社ジェネレックジャパン、ボーズ合同会社

受講料5,000円(税込み)、2.16までの申込み4,000円(会員無料)

受講申し込み➡https://contact.reedexpo.co.jp/expo/LIVE/?lg=jp&tp=con&ec=LIVE

---------------------------------------

●10:00〜11:30
中級『欧米スタイルのミクシング・マスタリングテクニックを紐解く』

欧米と国内のサウンドに違いを感じることが多々あります。そこで映画、テレビ、CD、コンサートなど、様々な分野の価値観の違いを、実際に用いるマスタリング機材を持ちみ実践的に解説します。

講師:古屋 博敏         アーティストピアノサービス(株) チーフ プロデューサ

プロフィール:バークリー音楽大学でポール・マッカートニー、マイケル・ジャクソンのMarc Einstimann、ウォルト・ディズニーのJonathan Wyner 他多数に師事。自身ではウィーン・フィル、ビリー・ジョエルなどのプロジェクトに参加。ET、ハリーポッターの Sefi Carmel と共演・共作。ドイツの2大マスタリング機材メーカーである、SPL社・elysia社双方の本国公式エンドーサー。ハーバード大学ビジネス・スクール在学中。

---------------------------------------

●12:30〜14:00
初級『演劇の音響効果の世界から学ぶ舞台音響の創造』

舞台における音響の始まりは、演劇の音響効果でした。音響効果のクリエイターたちは、俳優たちと演じる心構えで舞台創造に携わっています。このセミナーでは、実演を交えながら音響効果の立場から舞台音響の創造について解説します。

講師:八板賢二郎    ザ・ゴールドエンジン 代表

プロフィール:1966年から国立劇場に所属し、日本の伝統芸能の音響全般を担当。傍ら、16カ国26都市にて演劇や音楽の公演に参加するなど、さまざまなジャンルのエンタテイメント上演に参加。著書に「劇場音響技術者教書(兼六館出版)」、「マイクロホン・ハンドブック(兼六館出版)、「音で観る歌舞伎(新評論)」など。

講師:内藤 博司    松竹ショウビズスタジオ(株) 常務取締役

プロフィール:1977年にショウビズスタジオ(現:松竹ショウビズスタジオ)に入社して演劇の音響効果に従事。歌舞伎からミュージカルに至るまで、さまざまなジャンルで活躍。2015年/2016年には、市川染五郎のラスベガス公演に参加。2017年5月に日本音響家協会を受賞。

---------------------------------------

●15:00〜16:30
上級『スピーカ製品開発と現場におけるシステム構築の歴史と課題』

メーカがスピーカの製品開発とシステムを構築する際の両方の観点から、過去から現在のスピーカシステムの課題やその解決方法を紐解き、現場におけるより良いスピーカシステム構築の手引きとします。

講師:持丸 聡    ボーズ コーポレーション プロシステム・ゼネラルマネージャ

ロフィール:不二音響(現在ヤマハサウンドシステム)にて東京ドームを始め 数多くの施設の音響設計を担当。1989にアメリカのAltec Lancing本社に入社してシミュレーションや製品開発従事。1993年よりボストンのBose本社にて研究開発職。1999年より日本のボーズ株式会社で業務用部門担当役。2006年からBose本社のProfessional Systems DivisionのGeneral Manager。工学博士。